東京都市大で9万冊 大学図書館4カ所で浸水被害

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風19号による浸水で地階が水没した世田谷区の東京都市大の図書館=同大提供 拡大
台風19号による浸水で地階が水没した世田谷区の東京都市大の図書館=同大提供

 台風19号による浸水により東京都内で少なくとも4カ所の大学図書館が被害を受け、一時閉鎖や利用制限などを強いられている。数万冊の書籍に被害が出たとみられる施設もあり、関係者は復旧作業に追われている。

 東京都市大(世田谷区)は学生と教職員約5100人が所属する世田谷キャンパスが広い範囲で浸水。復旧作業などのため入構禁止とし、19日まで全授業を休講とした。同キャンパスは区作成のハザードマップで浸水想定域に入っている。

 図書館は13日午前8時時点で地階が水没、1階が足首のあたりまで浸水、全館が停電するなどした。18日時点でポンプによる排水作業が続いている。蔵書約29万冊のうち約9万冊が、水没した地階に収蔵されていた。

 同大では図書館の相互利用協定を結んでいる区内の他の5大学などに利用者を振り分けたり、返却期限を延長したりするなどの措置をとっている。企画広報室の外智晃係長は「できるだけ早く再開したい」と話す。

 一橋大(国立市)でも、付属図書館の書庫に水漏れが発生し、大学は1万~2万冊が水にぬれたと推計している。第3書庫屋上の排水能力を超える雨が降ったため、屋上の扉から浸水したという。被害を受けた資料の乾燥や床の排水作業を進めているが、書庫利用の制限や閲覧席の一部閉鎖を余儀なくされている。

 このほか、明治薬科大(清瀬市)では浸水被害を受けて一時閉館していた図書館が17日に再開。東京農工大(小金井市)の小金井図書館も15日、浸水のため北棟にあるAVコーナーを閉鎖したと発表した。【和田浩明】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集