メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

水が引いたタイミングを見て、自宅前の片付けに取りかかる住民ら=静岡市駿河区で2019年10月12日午前10時1分、大谷和佳子撮影

[PR]

 気象庁は、台風20号の本州接近に伴い、23日にかけて四国から東北までの広い範囲で大雨となる恐れがあると発表した。台風19号で河川の堤防が決壊するなどした被災地に対し、さらなる洪水や土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風20号は早ければ21日夕方にも紀伊半島の南海上で温帯低気圧に変わるものの、秋雨前線を伴って北上を続ける。22日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東海300ミリ▽近畿200ミリ▽四国、伊豆諸島150ミリ。その後、23日午前6時までの24時間に、関東甲信と東北などで50~100ミリの雨が予想されている。

 気象庁は「台風19号の影響で各地の地盤が緩んでいると考えられ、被災地以外でも警戒してほしい」とした。【大村健一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

  5. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです