メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「できること、頑張りたい」高校生が民家清掃ボランティア 宮城・丸森

泥で汚れた家具などを軽トラックに積み込む渡部朝陽さん(右)と父の修さん=宮城県丸森町五福谷の佐藤仁さん宅で2019年10月20日午後2時23分、平家勇大撮影

[PR]

 台風19号による河川の氾濫などで甚大な被害が出た宮城県丸森町では20日、同町災害ボランティアセンターが差配し、約500人のボランティアがチームに分かれ、被災した家屋の清掃などを始めた。【平家勇大】

 「何かできないかなあ」。19日夜、台風19号の被害状況を伝えるテレビを見ていた仙台市若林区の高校1年、渡部朝陽さん(15)はつぶやいた。それを聞いた父の修さん(43)に「じゃあ行ってみるか」と背中を押され、20日に初めて災害ボランティアに親子で参加した。

 自分から積極的に動く性格ではなく、高校では部活動にも入っていない。それでも台風19号の水害で亡くなった被害者についての報道を見聞きし「力はないけど、自分にできることを頑張りたい」と感じた。

 20日は、18人のボランティアと一緒に丸森町五福谷の佐藤仁さん(63)宅の清掃に汗を流した。12日深夜に近くを流れる川が氾濫し、家の1階や物置小屋に泥水などが流れ込んだ。佐藤さん一家は今も、隣接する同県角田市の親類宅に身を寄せる。

 約5時間にわたって泥や壊れた家財道具などを運び出し、屋内はおおむね片付いた。「大勢の人に手伝ってもらってありがたい」と感謝する佐藤さんの姿に、渡部さんは「被災された方の笑顔が見られたのが一番うれしい」と充実した表情を浮かべた。

 丸森町の台風被害の全容は把握できておらず、佐藤さん宅前にある排水路も約2メートルの土砂に埋まったままだ。佐藤さんは自宅が片付いたことに喜びながらも「いつ町に戻れるのか」と不安も口にする。

 丸森町社会福祉協議会の谷津俊幸事務局長は「ボランティアの支援がないと復旧の一歩が踏み出せない」と強調。「なるべく早い時期に、多くの人に協力してほしい」と訴えた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです