メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大麻所持事件 田口、小嶺両被告に猶予判決 東京地裁

小嶺麗奈被告(左)と田口淳之介被告

[PR]

 乾燥大麻を所持したとして大麻取締法違反に問われたアイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」の元メンバー、田口淳之介被告(33)と元俳優の小嶺麗奈被告(39)に対し、東京地裁は21日、それぞれ懲役6月、執行猶予2年(求刑・懲役6月)の判決を言い渡した。

 長池健司裁判官は「事実を認め、反省の情を示している。大麻の入手先との関係も絶った」などと執行猶予とした理由を述べた。

 2人の公判は今年7月に即日結審したが、検察側の請求で判決の言い渡しが延期されていた。

 検察側は21日の公判で、延期を求めた理由を、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が両被告の自宅を捜索した際の動画を報道機関に提供したことを把握したためと説明。その上で、延期中にこうした捜査手続きについて検討し、問題がなかったとした。

 判決によると、両被告は2019年5月22日、東京都世田谷区の自宅で、乾燥大麻約2・3グラムを所持した。【田中理知】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです