メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うどんだけじゃない 本格的な大名行列も 高松の門前町

「おなーりー」のかけ声で練り歩く大名行列の参加者ら=高松市仏生山町で2019年10月20日、山口桂子撮影

[PR]

 香川・高松の風物詩である「仏生山大名行列」が20日、高松市仏生山町であった。総勢50人の「大名行列」を一目見ようと大勢の観覧客が集まり、門前町として栄えてきた仏生山町の「お成り街道」が家族連れなどでぎわった。

 地域おこしの一環で始まった「仏生山大名行列」は今年で26回目。一般公募された市民ら50人が武者などの役で参加した。

 催しは、江戸時代の初代高松藩主・松平頼重公の菩提(ぼだい)寺である法然寺への参拝を再現したもの。「頼重公」に扮(ふん)した高松ゆめ大使の苛原(いらはら)奈央さんが馬にまたがり、その前後を着物などの豪華な衣装を身にまとった参加者らが「おなーりー」のかけ声とともに約1・5キロを練り歩いた。

 愛媛県新居浜市から大名行列を見に訪れた会社員の加藤直亮(なおあき)さん(44)は「門前町の面影が残る街での本格的な大名行列に驚いた。ずっと続いていってほしい」と話していた。【山口桂子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山陽新幹線、2回緊急停車させる 威力業務妨害容疑で59歳男逮捕

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです