メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分、峰本浩二撮影

 神戸市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめを受けた問題で、男性教諭が前校長から「いじめられていないんやな」と否定を迫る発言をされたと訴えていることが、代理人弁護士への取材で明らかになった。市教委によると、前校長は発言を否定しているというが、他にもハラスメントに該当する行為が複数指摘され、市議会の委員会は事実関係の確認のため前校長の参考人招致も検討している。

 前校長は50代男性で、2018年春から今春まで同小の校長を務め、在任中に男性教諭へのいじめが始まったとされる。現在、病気を理由に休職中。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  4. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです