メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

埼玉県の就職氷河期支援プロジェクトを紹介するホームページ。「おおむね35~44歳」が対象と記載している

 兵庫県宝塚市が実施した就職氷河期世代の正規職員採用試験に応募が殺到し、対象年齢36~45歳(来年3月末時点)との設定に「40代後半はだめなのか」などの抗議が相次いだ。氷河期世代は何歳で区切るべきなのだろうか。【牧野宏美】

 宝塚市が8月に募集した氷河期世代の職員は「3人程度」で、対象は「1974年4月2日~84年4月1日生まれの高卒以上の人」とし、今年度末時点で36~45歳に当たる。1816人の応募があり、1635人が1次試験を受験。競争率は545倍に上った。

 年齢設定について市は「政府の資料で『就職氷河期の中心層が35~44歳』という記載があり、引用元の調査が2018年だったので1歳ずつ足した」という。これに対し「自分の卒業時も就職氷河期だったのに年齢で切られるのはおかしい」といった声が15件以上寄せられ、市は「意見をふまえ、来年から拡大を含めて検討したい」としている。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. ロシア反体制派ナワリヌイ氏、帰国直後に拘束 影響力増大を警戒 欧州は非難

  4. ORICON NEWS 西野未姫、弟2人を顔出し「爽やか好青年!」「春日さんに似てる!」

  5. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです