メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

埼玉県の就職氷河期支援プロジェクトを紹介するホームページ。「おおむね35~44歳」が対象と記載している

 兵庫県宝塚市が実施した就職氷河期世代の正規職員採用試験に応募が殺到し、対象年齢36~45歳(来年3月末時点)との設定に「40代後半はだめなのか」などの抗議が相次いだ。氷河期世代は何歳で区切るべきなのだろうか。【牧野宏美】

 宝塚市が8月に募集した氷河期世代の職員は「3人程度」で、対象は「1974年4月2日~84年4月1日生まれの高卒以上の人」とし、今年度末時点で36~45歳に当たる。1816人の応募があり、1635人が1次試験を受験。競争率は545倍に上った。

 年齢設定について市は「政府の資料で『就職氷河期の中心層が35~44歳』という記載があり、引用元の調…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです