メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験 東大、京大や早大など大学の7割が活用 文科省発表

文部科学省=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

[PR]

 2020年度に大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストで導入される英語民間試験について、文部科学省は21日、全国の4年制大学の7割にあたる539校が活用すると発表した。文科省は活用する大学の一覧を大学入試英語ポータルサイトに掲載している。

 文科省によると、英語民間試験を少なくとも一つの学部や学科で活用する大学は70.9%。国立95.1%(78校)▽公立85.7%(78校)▽私立65.2%(383校)。これらの大学には、受験生の英語民間試験の成績が大学入試センターのシステムを通じて提供される。

 活用しない大学は国立は北海道大、東北大、京都工芸繊維大の3校。私立では、慶応大や明治大のように大学入試センターのシステムは利用しないが、一部入試で成績を評価に使う大学もある。

 英語民間試験は来年4月から受験が始まるが、文科省の調査では、今年8月時点で約3割の大学が活用するかどうかを決めておらず、受験生の不安につながっているとして、文科省が10月11日までに活用の有無の報告を求めていた。【水戸健一】

主な大学の英語民間試験の活用状況

<使用>

国立:東京大、京都大、九州大など

私立:早稲田大、同志社大など

<不使用>

国立:北海道大、東北大、京都工芸繊維大

私立:慶応大、明治大など

※慶応大、明治大は大学入試センターの成績提供システムは利用しないが、成績は一部入試の評価に使う

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです