大阪府議会が議員年金反対の意見書採択へ 「廃止された制度の復活」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府議会=大阪市中央区で2017年6月9日午後、望月亮一撮影
大阪府議会=大阪市中央区で2017年6月9日午後、望月亮一撮影

 大阪府議会は、議員年金の復活となる地方議員の厚生年金加入に反対する意見書を採択する方針を固めた。25日の本会議で大阪維新の会、自民、公明の賛成で意見書案が可決される見通し。全国都道府県議会議長会によると、都道府県議会で議員の厚生年金加入に反対する意見書が採択されるのは大阪が初という。

 特権的との批判もあった地方議員年金は2011年に廃止されたが、議員のなり手不足などを理由に自民党を中心に制度の復活を模索する動きがある。議長会によると、18年末までに33道府県で賛成の意見書が採択され、議長会でも今年…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

あわせて読みたい

注目の特集