メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会準々決勝で、南アフリカ選手の突進を阻む稲垣啓太(中央)=東京・味の素スタジアムで2019年10月20日、長谷川直亮撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りと健闘し、開幕から1カ月で大会を終えた日本。チームの躍進を支えたプロップ稲垣啓太(29)=パナソニック=は、同郷のアスリートの存在を励みにしてきた。急性白血病による闘病生活を経て、5日に行われたサッカーJ2のリーグ戦で約3年7カ月ぶりに復帰した新潟のDF早川史哉(25)だ。故郷の新潟で戦う友人の存在を「彼の頑張りは、僕の頑張りにもつながっている」と喜んでいる。

 早川は新潟に入団した2016年に急性白血病を発症した。翌17年1月に選手契約を凍結して治療に専念し…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです