メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官「新しい歴史の扉を開いた健闘たたえたい」ラグビーW杯

菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で過去最高のベスト8の成績を残した日本代表について「チーム一丸となった活躍に日本中が熱気に包まれ、国民に夢や感動を与えてくれた。新しい歴史の扉を開いた日本代表選手の健闘をたたえたい」と述べた。

 日本代表は20日の準々決勝で、過去2回の優勝経験がある南アフリカに3-26で敗れた。菅氏は「残念ながら強豪の南アフリカに敗れはしたものの、これまで通りの勇敢な桜戦士らしい試合で、最後まで勝利をあきらめない戦いだった」と代表チームをねぎらった。【秋山信一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです