メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

経済 貿易戦争、豚コレラ 中国経済が減速

[PR]

 世界せかい経済大国けいざいたいこく中国ちゅうごく経済けいざい雲行くもゆきがあやしくなり、世界経済せかいけいざいへの影響えいきょう心配しんぱいされています。

     中国国家統計局ちゅうごくこっかとうけいきょくが18にち発表はっぴょうした今年ことし7~9がつ国内総生産こくないそうせいさん(GDP、国内こくないあらたに生産せいさんされたモノやサービスの合計ごうけいがく。そのくに経済けいざいおおきさがかります)はぜんねんおな時期じきくらべて6・0%ぞうでした。えているとはいえ、くらべられるデータがある1992ねん以降いこうでもっともちいさいりつとなりました。

     アメリカとの貿易ぼうえき戦争せんそう長引ながびいているうえに、家畜伝染病かちくでんせんびょう「アフリカとんコレラ」がひろがったことが影響えいきょうしました。殺処分さつしょぶんぶたり、中国ちゅうごく食卓しょくたくかせないにく値段ねだんがって、人々ひとびとものひかえています。

     先進国せんしんこく成長率せいちょうりつが1%前後ぜんごや2%前後ぜんごとあまりたかくないなか中国ちゅうごく世界経済せかいけいざい元気げんきあたえてきたため、心配しんぱいひろがっているのです。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    3. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

    4. 半グレ集団「モロッコ」幹部逮捕へ バーで少女働かせた疑い 大阪府警

    5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです