メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三沢で寺山修司特別企画展 「言葉」をイラストに 独自解釈で創作した17点 /青森

作品「汽車」(左)について説明する七戸優さん=青森県三沢市寺山修司記念館で

 三沢市寺山修司念館で、特別企画展「イラストレーターが挑む寺山修司の言葉」が開かれている。「言葉の錬金術師」と言われる詩人で劇作家の寺山修司(1935~83年)の言葉から、現代の人気イラストレーター14人がそれぞれに選んで独自に解釈し、創作した17点のイラストレーションや立体作品を展示している。

 14人のイラストレーターは、世代も作風も異なり、寺山と共に仕事をした作家から気鋭の若手まで、バラエティーに富む。作品の大半が今回の企画展…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです