メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東信越国税局、日本酒の鑑評会 30日表彰 /埼玉

出品された日本酒の味や香りを審査する審査員ら=さいたま市の関東信越国税局で

 品質が優れた日本酒を選ぶ関東信越国税局(さいたま市)主催の酒類鑑評(かんぴょう)会の最終審査が同局内で開かれた。清酒の製造免許を持つ酒蔵数が全国12国税局で最多となる同局管内(茨城、栃木、群馬、埼玉、新潟、長野の各県)で昨年7月~今年6月に作られた日本酒が審査対象で、同局の鑑定官らがおちょこを手に…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです