メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道館ポッポランド(1号館) アドバイザー「中川家」礼二さん「福知山に特化した展示を」 /京都

かつての寝台特急「出雲」のヘッドマークに興味を示す礼二さん=休館中の福知山鉄道館ポッポランド1号館内で、佐藤孝治撮影

資料や所蔵品視察

 福知山市が移設計画する福知山鉄道館ポッポランド(1号館)のアドバイザーを受けたお笑いコンビ「中川家」の礼二さんが21日、同市を訪れ、休館中の1号館に所蔵する資料や展示物を視察し、市やポッポランド関係者らと意見交換した。

 同市下新のポッポランド1号館は施設の老朽化で昨年3月で休館し閉鎖されているが、施設内には福知山の鉄道の歴史を伝える約500点の展示物がそのまま保管されている。

 礼二さんは、自身らの漫才にも鉄道ネタを取り入れるほど自他共に認める大の鉄道ファン。展示物や館内のし…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです