メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

和歌山市中心部に大衆食堂を開いた 奥畑公康さん 子連れでも働きやすく /和歌山

奥畑公康さん=和歌山市十二番丁の襷食堂で、黒川晋史撮影

奥畑公康さん(42)

 和歌山市十二番丁に10月、子連れでも働きやすい大衆食堂を開いた。クラウドファンディングで開業資金の一部を集め、子育て世代を支える新たな飲食店として注目を集めている。「この店がモデルケースになり、同様の取り組みが全国に広がってほしい」と力を込める。

 幼いころから自分で料理をするのが好きだった。県立和歌山工高に在学中、ドーナツ屋のアルバイトで接客の楽しさを知り、19歳で本格的に飲食業の道へ。居酒屋で経験を積み、23歳の時に初めてイタリアンの店を開いた。「飲食業から始める町づくり」をテーマに地元の食材を使う手法が評判を呼び、市内に4店舗を展開するまでになった。

 そんな中、5年ほど前から「人手不足」を強く感じるようになった。結婚・出産を機に辞めていく女性従業員…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです