メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「障害者と共に」考える2本立て 25日まで特別上映 北九州の「小倉昭和館」 /福岡

「道草」「やさしくなあに~奈緒ちゃんと家族の35年~」

 障害のある人の暮らしを追ったドキュメンタリー映画2本が、「ありのままで、この街で」と題して、北九州市小倉北区の映画館「小倉昭和館」で特別上映されている。地元の福祉関係者からのリクエストに応えた初の企画で、25日まで。

 「道草」(2019年、95分、宍戸大裕監督)は、行動障害で自傷や他害傾向のある人が、介護者に支えられながら一人暮らしする何気ない日常を撮った作品。もう1本は「やさしくなあに~奈緒ちゃんと…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです