メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、「即位の礼」外交始動 スーチー氏ら50人とマラソン会談

 安倍晋三首相は21日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した各国首脳らとの祝賀外交をスタートさせた。東京・元赤坂の迎賓館でミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相ら計23人と会談。25日まで「マラソン会談」を続ける。

 21日はモルディブのソーリフ大統領を皮切りに、ウクライナのゼレンスキー大統領、スペイン国王フェリペ6世らと会談。1人あたりの会談時間は10~30分程度と分刻みの日程となった。

 首相はスーチー氏との会談で、ミャンマー西部ラカイン州から隣国バングラデシュへ逃れた少数派イスラム教…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです