メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

「首相会談」打開望めず 韓国ナンバー2きょう来日

判決後、喜ぶ元徴用工ら

 天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせ、韓国の李(イ)洛淵(ナギョン)首相が22日に訪日する。韓国最高裁が昨年10月に元徴用工への賠償を日本企業に命じた判決から間もなく1年だが、解決のめどは立たない。両国関係は悪化の一途をたどり、安倍晋三首相と文在寅(ムンジェイン)大統領との首脳会談は昨年9月を最後に途絶えている。李氏は24日に安倍首相と会談する見通しで、首脳会談実現と関係改善に向けた環境整備をしたい考えだ。ただ、日本政府内には首相同士の会談が事態打開の糸口になるか懐疑的な見方が広がっている。

 李氏は2泊3日の東京滞在中に、政治家や経済人、日韓関係に関わりの深い市民らと交流し、関係改善に向けた環境づくりに取り組む構えだ。安倍首相との会談では懸案解決の具体案には触れず、文氏の親書を伝える形で、首脳会談実現に向けた橋渡しを目指す。

この記事は有料記事です。

残り3273文字(全文3641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです