メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

「民間版の世界銀行」の意義 貧困層に「機会の平等」 五常・アンド・カンパニー社長 慎泰俊

 低所得層の人々に小口融資などを行うマイクロファイナンス(MF)=1。創業から5年でインドなど4カ国にMFを展開し、注目されている日本企業が五常・アンド・カンパニー(東京都渋谷区)だ。「民間版の世界銀行」を掲げる慎泰俊社長(38)に、企業としてMFに取り組む意義や社会的課題の解決にかける思いを聞いた。【聞き手・柳原美砂子、写真・内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り2736文字(全文2906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです