メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国資本市場と中国上場企業=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 米国から中国への証券投資に制限が課される可能性があるとの指摘が9月末に出た。政権内部のひとつの動き、との指摘だが、米議会内部においても、公的年金による中国株の組み入れ禁止論が登場した。貿易から資金取引にまで摩擦が及び、世界を二分化するような亀裂に発展するのか。

 米証券取引委員会(SEC)が、株主にとって必要な情報の開示の充実という視点から、健全な資本主義の育成者としての役割を担うという見立てにこだわりたい。株主は新規投資や株式の持続的な保有に当たっては、上場企業の売上高や利益額の「質」を見定めねばならず、これに必要な情報開示を要請するのがSECの役割との建前は米…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです