メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

きょう即位の礼 正殿の儀、新時代宣言 国内外にお披露目

皇居「松の間」(右奥)に面した中庭で、旛が立てられたなか装飾品を携える古装束姿の宮内庁職員ら=皇居・宮殿で1990年11月12日、代表撮影

 天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」と海外の賓客らを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が22日に行われる。政府は、11月に延期されたパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」とともに皇位継承に伴う重要行事として国事行為に位置づける。儀式の内容や歴史的経緯を紹介する。【高島博之、和田武士、稲垣衆史】

 一連の即位儀式の中心行事である「即位礼正殿の儀」は22日午後1時から、皇居・宮殿で行われる。国内外…

この記事は有料記事です。

残り2788文字(全文3004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです