メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

きょう即位の礼 正殿の儀、新時代宣言 国内外にお披露目

皇居「松の間」(右奥)に面した中庭で、旛が立てられたなか装飾品を携える古装束姿の宮内庁職員ら=皇居・宮殿で1990年11月12日、代表撮影

 天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位礼正殿(せいでん)の儀」と海外の賓客らを招いた祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が22日に行われる。政府は、11月に延期されたパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」とともに皇位継承に伴う重要行事として国事行為に位置づける。儀式の内容や歴史的経緯を紹介する。【高島博之、和田武士、稲垣衆史】

 一連の即位儀式の中心行事である「即位礼正殿の儀」は22日午後1時から、皇居・宮殿で行われる。国内外からの約2000人を前に、天皇陛下は宮殿で最も格式の高い「松の間」に設置された高御座(たかみくら)に立ち、即位したことを宣言するおことばを述べる。

この記事は有料記事です。

残り2715文字(全文3004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです