メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

宝塚市職員の就職氷河期世代採用で、1次試験の開始を待つ受験者=兵庫県西宮市の関西学院大で、土居和弘撮影

 兵庫県宝塚市が実施した就職氷河期世代の正規職員採用試験に応募が殺到し、対象年齢36~45歳(来年3月末時点)との設定に「40代後半はだめなのか」などの抗議が相次いだ。氷河期世代は何歳で区切るべきなのだろうか。【牧野宏美】

 宝塚市が8月に募集した氷河期世代の職員は「3人程度」で、対象は「1974年4月2日~84年4月1日生まれの高卒以上の人」とし、今年度末時点で36~45歳に当たる。1816人の応募があり、1635人が1次試験を受験。競争率は545倍に上った。

 年齢設定について市は「政府の資料で『就職氷河期の中心層が35~44歳』という記載があり、引用元の調査が2018年だったので1歳ずつ足した」という。これに対し「自分の卒業時も就職氷河期だったのに年齢で切られるのはおかしい」といった声が15件以上寄せられ、市は「意見をふまえ、来年から拡大を含めて検討したい」としている。

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです