メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

宝塚市職員の就職氷河期世代採用で、1次試験の開始を待つ受験者=兵庫県西宮市の関西学院大で、土居和弘撮影

 兵庫県宝塚市が実施した就職氷河期世代の正規職員採用試験に応募が殺到し、対象年齢36~45歳(来年3月末時点)との設定に「40代後半はだめなのか」などの抗議が相次いだ。氷河期世代は何歳で区切るべきなのだろうか。【牧野宏美】

 宝塚市が8月に募集した氷河期世代の職員は「3人程度」で、対象は「1974年4月2日~84年4月1日生まれの高卒以上の人」とし、今年度末時点で36~45歳に当たる。1816人の応募があり、1635人が1次試験を受験。競争率は545倍に上った。

 年齢設定について市は「政府の資料で『就職氷河期の中心層が35~44歳』という記載があり、引用元の調…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです