メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

被災後の片付け 肌、目守って

千曲川の氾濫で被災した穂保地区の家の片付けをする被災者ら=長野市で2019年10月15日、宮武祐希撮影

 広域にわたり大きな被害をもたらした台風19号。被災地では避難生活を強いられたり、家屋の片付けに追われたりして体調を崩す人も出てきている。病院にかかる時のポイントや、災害時にかかりやすい感染症についての注意点をまとめた。

 ●保険証なしでOK

 被災に伴い、紛失したり自宅から持ち出せなかったりして手元に保険証がなくても、医療機関で保険診療は受けられる。窓口で、診療を受ける本人の名前▽生年月日▽連絡先(電話番号など)▽会社の保険の場合は勤め先の名称▽国民健康保険の場合は自宅の住所――などを答えればよい。

 厚生労働省は18日、台風19号で被災した人の医療や介護の費用について自己負担を全額免除することを決めた。自宅が全半壊や床上浸水の被害を受けた▽家計の支え手が死亡、または重いけがや病気、行方不明▽失職し、収入がない――などの場合、対象となる。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 国会を飛び回る200人の「トンビ」 過酷な情報収集業務に走る官僚の「生態」

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです