メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

ラグビーW杯2019 「本当のトップ」知った=薫田真広

 20日の南アフリカとの準々決勝で、日本は全ての力を出し切った。相手の激しい防御や気迫には「本当のトップ」のすごみがあり、力負けだった。ただ、この敗戦は、日本が「本当のトップ」に足を踏み入れたということでもある。初めて決勝トーナメントを戦い、新しい景色が見えてきた。

 前半はキックパスを通すなど外側の空いたスペースを狙った攻撃が効いていた。ボールの保持率を上げる戦い方も機能し、接戦に持ち込めた。

 だが後半は、前半からFW陣やSO田村が激しい重圧を受けたことがボディーブローのように響き、足が止まった。南アフリカの強みであるスクラムやモールで後手に回り、攻撃でもサポートが遅れてボールを奪われる場面や反則が増えていった。セットプレーも崩され、この試合のために用意していたであろうサインプレーもできなかった。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです