メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

父の遺影 山口県宇部市・清水春江(介護職員・63歳)

 病気療養中の母。病室で転倒した後、寝たきりの生活となり、ベッドで過ごす日々。

 ベッドにオーバーテーブルが付いている。40センチ×120センチのスペース。そこに置いてある物はティッシュ、キッチンばさみ、ふりかけと日めくり。どれも母にとっては必需品だ。

 日めくりは全国の景勝地の写真付き。毎日、自分でめくってはいるが、曜日が入っておらず、ご不満の様子。月めくりカレンダーを追加した。テレビを見るわけでも、本を読むでわけもなく、毎日テーブルの上の物を眺めている。

 そこに時々、父の遺影が加わることがある。病棟のスタッフの方が気を利かせて置いてくれている。私も時々…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです