メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

日本で主将「誇り」 8強に充実感 リーチ・マイケル選手

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で過去最高成績となる8強入りを成し遂げた日本代表は、世界のラグビーファンの記憶に刻まれる活躍を見せ、21日にチームを解散した。誰よりも日本のラグビーを世界で認めてもらおうと尽力してきたのが、W杯2大会連続で主将を務めたリーチ・マイケル選手(31)=東芝=だった。

 東京都内で21日に開かれた日本代表の総括記者会見には、全31選手らが出席した。準々決勝(20日)で…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです