ネタニヤフ首相が組閣断念 大統領、第1党「青と白」ガンツ氏に改めて連立政権樹立指示へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イスラエルのリブリン大統領(右)から組閣の指示を受けたネタニヤフ首相=エルサレムで25日、ロイター
イスラエルのリブリン大統領(右)から組閣の指示を受けたネタニヤフ首相=エルサレムで25日、ロイター

 イスラエルのネタニヤフ首相は21日、9月のやり直し総選挙を受けてリブリン大統領から指示されていた組閣を断念した。大統領は24日までに、第1党の中道政党連合「青と白」の共同代表で元軍参謀総長のガンツ氏に改めて連立政権の樹立を命じる見込みだ。

 9月の総選挙で、ネタニヤフ氏が率いる右派「リクード」は第2党に甘んじたが、これまで連立を組んできた右派・宗教勢力の55人がネタニヤフ氏を首相候補に推した。

 ガンツ氏を推薦したのは中道・左派、アラブ系政党連合の一部の54人だったため、まずネタニヤフ氏が連立工作を担ったものの、定数120の過半数をまとめることはできなかった。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文586文字)

あわせて読みたい

注目の特集