メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露、トルコと首脳会談 シリア情勢で トルコとアサド政権の衝突を懸念

ロシアのプーチン大統領=2019年6月、代表撮影

 ロシアのプーチン大統領は22日、ロシア南部ソチでトルコのエルドアン大統領と会談した。シリア北部でのクルド人勢力に対するトルコ軍の作戦は22日夜(日本時間23日未明)に一時停止の期限を迎えることから、トルコの軍事作戦を中心にシリア情勢を協議する見通しだ。

 会談冒頭、プーチン氏は「(シリアの)情勢は緊迫している。我々の協議が必要とされている」と強調した。

 トルコは17日に米国との間で軍事作戦の一時停止に合意し、クルド人勢力に対し120時間(5日間)以内にトルコが想定する国境沿いの「安全地帯」外に撤退するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです