メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジルに大量の原油漂着 環境被害深刻、政権対応遅れ 熱帯雨林破壊に続き

海岸に流れ着いた原油を取り除く人々=ブラジル北東部のペルナンブコ州で20日、ロイター

 南米ブラジル北東部の海岸線2000キロに大量の原油が次々と流れ着き、環境汚染が広がっている。政府は原油の漂着が始まって約2カ月たっても流出源を特定できず、被害拡大を防げていない。地元メディアは、ボルソナロ大統領が原油流出事故時の「司令塔」である政府組織を廃止したことが対策の遅れにつながったと指摘。深刻化するアマゾンの熱帯雨林破壊に続き、大統領の環境軽視の姿勢に非難が高まっている。

 モウラン副大統領は21日、新たに陸軍兵士4000~5000人を海岸の原油除去にあたらせると明かした…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです