メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

埼玉県庁=さいたま市浦和区で2019年3月1日、内田幸一撮影

[PR]

 埼玉県は21日、矢嶋行雄県民生活部長(59)が飲酒して自転車に乗り、警視庁から事情聴取を受けていたと発表し、21日付で矢嶋氏を総務部付に更迭した。

 県によると、矢嶋氏は台風19号上陸翌日の13日夜、東京都北区で親族とラグビーW杯の中継を見ながら日本酒3合などを飲み、都内の自宅に自転車で帰宅途中、警察官に声をかけられて警察署で事情を聴かれた。矢嶋氏は県に報告せず15~19日に豪州に出張。18日に警視庁が県に連絡して発覚した。「疲れていて乗ってしまった。26日の再聴取後に報告するつもりだった」などと釈明しているという。

 県民生活部は防犯や交通安全を所管する。大野元裕知事は記者会見し「責任は重い。綱紀粛正を徹底する」と陳謝した。警察の捜査後に処分の可否を決める。【畠山嵩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです