メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風の時、いったい何が…1人暮らしの87歳死亡 宮城・丸森の町営住宅

台風で大きな被害を受けた宮城県丸森町の川を重機を使って調べる自衛隊の関係車両=五福谷川付近で2019年10月16日午後2時39分、本社ヘリから

[PR]

 宮城県丸森町千刈場の台風19号による浸水被害を受けた町営住宅で、1人暮らしの無職、中野悦子さん(87)の遺体が発見された。中野さんはなぜ逃げられなかったのか。現場は台風の到来時、何が起きていたのか。周囲の人々に話を聞いた。

 県警や同町役場によると、17日、中野さんと連絡が取れないことから、親族が中野さんの住む平屋の町営住宅を訪ね、和室で遺体を発見し、警察に通報した。死因は溺水による窒息とみられる。自宅には避難用とみられるリュックがあり、避難の意思があったと判断された。

 同町営住宅に住んでいた無職男性(69)は買い物帰りの中野さんとよくあいさつをしており、「早く避難できていたら助かったのに」と悔やんだ。中野さん宅は、普段から午後8時前には消灯していたといい、「台風の日も早く寝てしまい、気付くのが遅れたのではないか」と推測した。

 同町営住宅に住んでいた大宮徳夫さん(66)は町営住宅で2度、床上浸水を経験したが、その際は大事にはならなかったため、「今回も大丈夫だろう」と考えていたという。

 台風19号が到来し、泥水が膝上まで来て初めて避難しようと考えたが、既に外は泥水の流れが強く歩けない状況だった。部屋のこたつの上に立ったが、やがて首元まで水が達すると、死を覚悟。亡くなった母に向けて「母ちゃんのとこ行くから」と声に出した。間一髪のところで、ゴムボートで近くに来た自衛隊に気付いて助けを求め13日明け方に救出された。既に屋根近くまで水が来ていたという。

 大宮さんによると、町営住宅では防災無線がなく、避難の判断ができなかったという。中野さんの死を知ると、大宮さんは「高齢者も確実に避難できるように避難指示の出し方を考えてほしい」と訴えた。【平家勇太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです