メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「五輪の食材に」ワカメ初のエコラベル取得 三重・答志島の塩蔵ワカメ

水揚げしたワカメの付着物を落とす漁師たち=三重県鳥羽市の答志島・和具漁港で2018年2月18日、林一茂撮影

 三重県鳥羽市の離島・答志島の和具浦産の塩蔵ワカメが、一般社団法人・マリンエコラベルジャパン(MEL)協議会(東京)が発行するエコラベルの認証を取得し、21日、鳥羽磯部漁協の永富洋一組合長(76)と和具浦支所の橋本計幸(かずゆき)運営委員長(68)が中村欣一郎市長に報告した。ワカメのエコラベルの取得は初めてといい、橋本委員長らは「国際規格に準拠したエコラベルへと発展させ、来年開催の東京五輪・パラリンピックの食材として売り込みたい」と意気込んでいる。

 和具浦は、県内最大の養殖ワカメ産地の鳥羽市の8割にあたる約360トンを生産。約40戸が2~4月にか…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです