メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「五輪の食材に」ワカメ初のエコラベル取得 三重・答志島の塩蔵ワカメ

水揚げしたワカメの付着物を落とす漁師たち=三重県鳥羽市の答志島・和具漁港で2018年2月18日、林一茂撮影

 三重県鳥羽市の離島・答志島の和具浦産の塩蔵ワカメが、一般社団法人・マリンエコラベルジャパン(MEL)協議会(東京)が発行するエコラベルの認証を取得し、21日、鳥羽磯部漁協の永富洋一組合長(76)と和具浦支所の橋本計幸(かずゆき)運営委員長(68)が中村欣一郎市長に報告した。ワカメのエコラベルの取得は初めてといい、橋本委員長らは「国際規格に準拠したエコラベルへと発展させ、来年開催の東京五輪・パラリンピックの食材として売り込みたい」と意気込んでいる。

 和具浦は、県内最大の養殖ワカメ産地の鳥羽市の8割にあたる約360トンを生産。約40戸が2~4月にかけて水揚げし、そのすべてを塩蔵ワカメとして出荷している。生産額は2・6億円という。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです