メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

皇位安定継承議論再開へ 女性・女系天皇に踏み込まず 悠仁さま継承維持

「即位礼正殿の儀」で、即位を宣言される天皇陛下と皇后さま=皇居・宮殿「松の間」で2019年10月22日午後1時17分(代表撮影)

 政府は天皇陛下の即位に関する一連の儀式が終わる今秋以降、安定的な皇位継承策の検討を再開する。ただし、自民党保守派が反対するため女性・女系天皇には踏み込まない方針だ。保守派を支持基盤とする安倍内閣は、皇族数減少への対策にとどめる可能性があり、有効な皇位継承策を打ち出せるかは不透明だ。【堀和彦】

 2017年6月に成立した退位特例法の付帯決議は、上皇さまの退位実現後に「安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設等」を速やかに検討するよう政府に求めた。有識者会議は設置せず、政府が有識者へ個別に意見聴取する形式を想定する。

 皇室典範は、皇位継承資格者を「男系男子」に限る。現在の継承資格を持つ男性皇族は3人で、継承順位1位…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです