特集

優生社会を問う

「優生」は終わっていない――。障害者や性的少数者などへの差別は今も続いています。あらゆる生を肯定する社会への道筋を探ります。

特集一覧

優生社会を問う

出生前診断と「妊婦の知る権利」 99年指針「勧めるべきでない」、今は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省が21日に議論を始めた新型出生前診断(NIPT)の検討部会は、「命の選別」と論議を呼んできた出生前診断のあり方に、国が20年ぶりに介入することを意味する。前回は「検査の情報を積極的に知らせる必要はない」との見解を出したが、今では「妊婦の権利の侵害だ」と疑問視する声も強い。高齢妊娠の増加や検査技術の進歩など状況も一変し、医療現場や社会の倫理観は揺らいでいる。【千葉紀和、上東麻子】

この記事は有料記事です。

残り2407文字(全文2603文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集