メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和の願い、上皇さまに重ね 陛下おことば「平成を継承」「平易な言葉で」

 「即位礼正殿の儀」で天皇陛下が述べられたおことばには、平成を継承し、平和を強く願う意思がにじんだ。

 陛下は即位の宣言に続いて、上皇さまの平成の在位中の歩みに言及した。「常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされ」と振り返り、陛下自身の決意を「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら」と同じ気持ちであることを述べた。

 先の天皇に触れた上で、自身の決意を述べる流れは、上皇さまの即位礼正殿の儀(1990年11月)のおことばと同じ構成だ。象徴天皇制を研究する名古屋大大学院准教授の河西秀哉さんは「『国民の幸せ』『世界の平和』『常に願う』と同じ表現を繰り返しており、『平成を継承していく』という基本的な姿勢が強調されている」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです