メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和の願い、上皇さまに重ね 陛下おことば「平成を継承」「平易な言葉で」

 「即位礼正殿の儀」で天皇陛下が述べられたおことばには、平成を継承し、平和を強く願う意思がにじんだ。

 陛下は即位の宣言に続いて、上皇さまの平成の在位中の歩みに言及した。「常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされ」と振り返り、陛下自身の決意を「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら」と同じ気持ちであることを述べた。

 先の天皇に触れた上で、自身の決意を述べる流れは、上皇さまの即位礼正殿の儀(1990年11月)のおことばと同じ構成だ。象徴天皇制を研究する名古屋大大学院准教授の河西秀哉さんは「『国民の幸せ』『世界の平和』『常に願う』と同じ表現を繰り返しており、『平成を継承していく』という基本的な姿勢が強調されている」と分析する。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです