メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

「時代が変わった実感」大阪でも祝賀ムード 抗議集会も

 即位の礼が行われた22日、関西でも記帳所の開設や、観光施設の無料開放などで祝祭ムードが高まった。台風19号の被災地で天皇陛下の役割に期待する声がある一方、儀式を冷めた目で見る人もおり、天皇制反対の集会も催された。

 大阪市は慶祝事業として、大阪城天守閣の入館料を無料にし、天守閣前には観光客らの長蛇の列ができた。

 天守閣の見学を終えた看護師の小林一美さん(37)=大阪市西区=は取材に「祝日や儀式を通じて、本当に時代が変わったのだと実感する」とかみしめるように話した。息子と2人で見学した公務員の男性(44)=同市東住吉区=は「無料での入館はラッキーだったが、元号が変わった5月1日に比べて特別な感覚は薄い。天皇家として必要な儀式かもしれないが、国民からすれば距離を感じる」と率直に語った。

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです