メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

 皇居・宮殿で22日に行われた「即位礼正殿(せいでん)の儀」は、憲政史上初となる退位に伴って皇位を継承した天皇陛下の即位儀式のハイライトとなった。儀式の一部で伝統色を盛り込もうとする変更点もあったが、時間的余裕がある中で儀式のあり方を巡る議論は深まらず、平成の即位礼を踏襲した。

昭和以前まで採用の「宸儀初見」採用

 正殿の儀が行われた宮殿「松の間」。午後1時過ぎ、装束姿の宮内庁楽部職員による「鉦(しょう)」(かね)の合図で参列者が起立すると、「高御座(たかみくら)」と「御帳台(みちょうだい)」の幕が侍従と女官の手で開けられ、装束姿の天皇陛下と皇后雅子さまが姿を現した。

 平成の即位礼(1990年11月)から変更されたのが、参列者への両陛下の姿の見せ方だった。両陛下は、…

この記事は有料記事です。

残り2812文字(全文3147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです