メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

「即位礼正殿の儀」に参列する各国からの賓客ら=皇居・宮殿で2019年10月22日午後1時18分、小川昌宏撮影

 天皇陛下が国内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が22日、執り行われ、外国の首脳が祝意を表したりテレビが生中継したりするなど、海外でも関心の高さがうかがわれた。

韓国、お言葉の「憲法にのっとり」「世界の平和願う」に焦点

 韓国のニュース専門チャンネルYTNと聯合テレビは、儀式を日本専門家を交えて生中継。天皇陛下が「世界平和を願う」と述べたことに焦点を当てた。

 YTN東京特派員は「世界平和」が盛り込まれたことについて「上皇が天皇在位中、戦争を反省する言葉を繰り返し述べたメッセージと通じる」と指摘した。また、憲法を守る立場を強調したことに触れ「改憲を推し進める安倍晋三首相と対比される」と伝えた。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1196文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです