メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

 天皇陛下の即位に伴い国内外の賓客をもてなす祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が22日夜、皇居・宮殿の豊明殿(ほうめいでん)で開かれた。1回目の同日は海外の国王や元首ら約300人が招かれ、皇室を中心に国際親善の輪を広げる宴となった。

 饗宴の儀は憲法に規定された天皇の国事行為と位置付けられている。即位礼正殿(せいでん)の儀の参列者らが招待され、31日までの間に計4回催される。

 天皇、皇后両陛下と皇族方は正殿の儀での束帯や十二単(ひとえ)とは装いを一変し、洋装で臨まれた。陛下はえんび服に、即位に合わせて政府から贈られた最高位の勲章「大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)」などを身に着け、皇后雅子さまはロングドレスにティアラ(宝冠)と「勲一等宝冠章」を身にまとった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです