メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

 天皇陛下の即位に伴い国内外の賓客をもてなす祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」が22日夜、皇居・宮殿の豊明殿(ほうめいでん)で開かれた。1回目の同日は海外の国王や元首ら約300人が招かれ、皇室を中心に国際親善の輪を広げる宴となった。

 饗宴の儀は憲法に規定された天皇の国事行為と位置付けられている。即位礼正殿(せいでん)の儀の参列者らが招待され、31日までの間に計4回催される。

 天皇、皇后両陛下と皇族方は正殿の儀での束帯や十二単(ひとえ)とは装いを一変し、洋装で臨まれた。陛下…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

  5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです