メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

22日の饗宴の儀で賓客らに提供された料理(宮内庁提供)

 饗宴の儀は、平成の即位の礼の時と同じく和食が提供された。国賓を招いた宮中晩さん会はフランス料理でもてなすが、今回は参列者が多いため大人数に提供しやすい和食を採用。調理は宮内庁が契約したホテルが担い、ホテルで仕込みを済ませた後、宮殿脇の調理場で盛り付けた。

 前菜は小ダイの姿焼きやアワビの塩蒸し、くりぬいたユズの中にイクラを入れた黄柚子釜(きゆずがま)が扇形の器に飾られた。茶わん蒸しはフカヒレに三つ葉を添え、カニとキスと若鶏の三色揚げはギンナンなど季節の食材で彩った。

 タイそぼろや干ぴょうが入った加薬飯(かやくめし)は錦糸卵が目を引き、イセエビやマツタケが香る吸い物が付いた。最後は秋をイメージした和菓子が出された。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです