メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

22日の饗宴の儀で賓客らに提供された料理(宮内庁提供)

 饗宴の儀は、平成の即位の礼の時と同じく和食が提供された。国賓を招いた宮中晩さん会はフランス料理でもてなすが、今回は参列者が多いため大人数に提供しやすい和食を採用。調理は宮内庁が契約したホテルが担い、ホテルで仕込みを済ませた後、宮殿脇の調理場で盛り付けた。

 前菜は小ダイの姿焼きやアワビの塩蒸し、くりぬいたユズの中にイクラを入れた黄柚子釜(きゆずがま)が扇形の器に飾られた。茶わん蒸しはフカヒレに三つ葉を添え、カニとキスと若鶏の三色揚げはギンナンなど季節の食材で彩った。

 タイそぼろや干ぴょうが入った加薬飯(かやくめし)は錦糸卵が目を引き、イセエビやマツタケが香る吸い物が付いた。最後は秋をイメージした和菓子が出された。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです