メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

11月下旬から「親謁の儀」伊勢神宮など参拝 来年4月に「立皇嗣の礼」

即位礼正殿の儀を終え、退出される天皇陛下=皇居・宮殿で2019年10月22日午後1時33分、小川昌宏撮影

 即位に伴う中心儀式である「即位礼正殿の儀」は終わったが、皇位継承に伴う儀式や行事は今後も続く。台風19号の被害を受けて延期されたパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」は11月10日午後3時から、皇居から赤坂御所までの約4・6キロのコースで行われる。

 同14、15日は天皇陛下が五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈られる皇室行事大嘗祭(だいじょうさい)の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が、皇居・東御苑で行われる。天皇、皇后両陛下は同月下旬、即位の礼と大嘗祭が終わったことを報告する「親謁の儀」のため、伊勢神宮(三重県伊勢市)…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです