メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

札幌市長「正式決定まだ」 五輪マラソン、ドーム活用など課題山積

五輪マラソン開催が見込まれる札幌の市街地

 東京五輪のマラソン・競歩競技の札幌開催が濃厚とみられる中、札幌市の秋元克広市長は21日の記者会見で、18日に組織委員会に文書で札幌開催を問い合わせたところ、「正式には決定していない。30日の調整委員会で議論される」との回答があったとを明かした。一方、市は17日に北海道などと実務者連絡会議を設置。開催を念頭に事前調査を始めたが、コース設定の難しさやIOCが発着地に提案する札幌ドームの活用法など課題は山積。関係者には不安も広がる。【土谷純一】

 1987年から開催されている北海道マラソンは、国際陸上競技連盟公認で夏場の8月に開催されているフルマラソン。市と道は実務者連絡会議で、北海道マラソンのノウハウを必要に応じて組織委に提供する考えを示した。しかし仮に札幌ドームを発着地とした場合、北海道マラソンのコースとの高低差の問題が浮上する。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです