メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞の吉野さん、笑顔の始球式「野球も研究開発も力まないことが大事」

【巨人-ソフトバンク】始球式で笑顔を見せるノーベル化学賞受賞が決まった吉野彰さん=東京ドームで2019年10月22日、大西岳彦撮影

 ノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が、22日、東京ドームで行われた日本シリーズ第3戦の始球式を務めた。

 吉野さんは旭化成に入社後、30歳くらいから12~13年草野球チームでプレーしたといい、「ポジションはレフト。当時は足が速かったので1、2番を打つことが多かった」という…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです