メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人・亀井、孤軍奮闘の2打席連続弾

【巨人-ソフトバンク】三回裏巨人1死、亀井が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2019年10月22日、大西岳彦撮影

○ソフトバンク6―2巨人●(22日・東京ドーム)=日本シリーズ第3戦

 本拠地に戻って迎えた第3戦。巨人の37歳、亀井が気を吐いた。2012年の第2戦の長野(当時巨人)以来、史上12人目で13本目の初回先頭打者本塁打を記録すると、三回には2打席連続となるアーチをかけた。

 1番の亀井は一回、打席に入ると、カウント2―2からソフトバンク先発・バンデンハークが投じた7球目、真ん中高めに甘く入った154キロの直球を見逃さない。打球は、巨人ファンが陣取る右翼席に飛び込んだ。「勝つしかない…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです