メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーキーには荷が重く 巨人・高橋、タカ打線の勢い止められず

【巨人-ソフトバンク】三回表ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネ(奥)に中前適時打を許した巨人の先発・高橋=東京ドームで2019年10月22日、津村豊和撮影

 ルーキーには荷が重かったか。「レギュラーシーズンやクライマックス(シリーズ)とは違った緊張感がある」と試合前に語っていた巨人の高橋。今季5勝の左腕は、CSファイナルステージ第4戦では六回途中1失点と好投したが、日本シリーズ初登板は三回途中2失点で無念の降板となった。

 スライダーとスクリューで内外角を自由自在に攻められるのが持ち味。一回2死一塁では、4番・デスパイネを…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです