メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカ工藤監督の決断に応えたデスパイネ 3年連続の頂点くっきり見えた

【巨人-ソフトバンク】巨人に勝利し握手を交わすソフトバンクの工藤監督(手前)とデスパイネ=東京ドームで2019年10月22日、大西岳彦撮影

 ソフトバンク・工藤監督の決断は「超攻撃的オーダー」だった。指名打者制のない敵地の初戦で、デスパイネを「4番・左翼」で先発出場させた。キューバ出身の男は指揮官の思いに応え、2安打3打点と躍動した。

 まずは同点で迎えた三回。2死一、二塁でデスパイネが打席に入った。巨人の先発左腕・高橋の真ん中に甘く入ってきたスライダーを逃さない。芯で捉えた打球は強烈なライナーで中前へ。主砲の待望のシリーズ初安打で一時、勝ち越すと、さらに四回2死満塁では、追撃の左前2点適時…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです