メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大事な場面で打てた」同点弾に胸張るグラシアル

【巨人-ソフトバンク】一回無死、同点となる中越え本塁打を放つグラシアル=東京ドームで2019年10月22日、津村豊和撮影

 「大事な場面でいい本塁打が打てた」とソフトバンクのグラシアルは胸を張った。

 1点を追う二回、フルカウントから、巨人の先発・高橋のやや高めに浮いたスライダーを見逃さなかった。「あのカウントで、ストライクゾーンを狙うことだけ心がけた。甘く入ってきたボールをしっかり捉えられた」。バックスクリーンへたたき…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです