メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

神楽坂にある創業20年の和食店。旬の料理と旨い酒で癒やしのひとときを…!

情報提供:まとメシ

「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。

神楽坂 SHUN 本家(最寄駅:飯田橋駅)

ココに来れば安心!飲んで食べて寛いで神楽坂情緒も楽しめる

靴を脱いで上がる板張りの店内は、いつも心地良い活気に満ちている。
 料理は情熱的で内容が濃い。かつべ牛、オリーブ夢豚、さつま知覧どり、香川県高松漁港直送の鮮魚などなど。吟味した素材を、繊細なおばんざいにしたり、豪快な肉寿司にしたり。あの手この手で楽しませてくれる。加えて黒板には四季折々の一品がズラリ。今の時期だと、ハモや鮎なんてええですねぇ。
 酒の揃えもこれまた多彩で、生のクラフトビールは4種類スタンバイ。日本酒や焼酎はもちろん、自家製生レモンサワーなどにも並々ならぬこだわりが。ああ、今夜もこの街に根を生やしそう。

六種のおばんざい木箱盛り合わせ

980円 7d44d3d30fbd01cdc362e8baa9423776 自慢の一品をちょこっとずついいとこ取り。ハモとトウモロコシのすり流し、イチジクと鴨の炊き合わせ、万願寺唐辛子の焼びたしなど

肉盛りこぼれ寿司

980円 fdb210b2a9c31dd1bd41cf665a8392b6 酢飯を豪快に覆うのは、島根県産かつべ牛ロースと、さつま知覧どり胸肉のたたき。特製の肉みそをのせ、手巻き寿司にして頬張ろう

季節の土鍋飯

1280円 88a9a309b47db022d1a48d0511498a46 ダシで炊いた土鍋ご飯に、鮎の炭火焼きが2匹ドン! 量は2~3人前

自家製生レモンサワー、クラフト生ビール

580円~、各種850円~ 642611fa6e1baf5a0d7bd4e5229b260f ビールは左からブラックラガー、ライトエール、フルーツビール。国産レモンやオレンジを、ハチミツとラム酒で漬け込んで作るレモンサワーも人気。バーテンダーだった小原店長の自信作だ

お店からの一言

f906ab9dd023d66b196840b40640f781 店長 小原幹也さん 「カウンター、個室、掘りごたつなど席の種類も豊富です」

神楽坂 SHUN 本家の店舗情報

fd9d15d54e2bcf8da2151d471181e194 [住所]東京都新宿区神楽坂3-2-36 [TEL]03-3266-0560 [営業時間]17時~23時半(22時半LO)、土・日・祝17時~23時(22時LO) [休日]無休 [席]カウンターあり、全70席/分煙/予約可/カード可/お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩2分

電話番号 03-3266-0560
2018年9月号発売時点の情報です。

関連記事

[割烹旅館 京亭] おすすめ料理のグルメ記事と写真(日本料理/寄居)

宵のま|料理とお燗でほろりと酔いたい、荒木町の人気店(和食/四谷三丁目)

や満登のランチ「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」のグルメ記事

瓢喜 香水亭|全室個室でゆったり優雅な昼膳を(懐石料理/銀座)

久保田|蔵元が酒づくりで培ったセンスが生きる(懐石料理/銀座)


情報提供:まとメシ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです