メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレ朝社長、定例会見「スーパーJチャンネル」不適切演出謝罪(スポニチ)

[PR]

 テレビ朝日の亀山慶二社長(60)が21日、定例会見を行い、今年3月放送の同局「スーパーJチャンネル」で不適切な演出があったことを「番組への信頼を損ねること。改めて視聴者の皆さまにおわび申し上げます」と謝罪した。

 同局は今月16日に会見を開き、同番組でやらせがあったと発表。男性ディレクターが知人5人を客として取材に登場させていた。

 一方で17日放送の「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」が20・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、新ドラマが高視聴率を出していることには「良いスタートを切れた」と明るい表情を見せた。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです